プログラミング

プログラミング未経験のアラサーが、転職費用1万円&4ヶ月でプログラマー転職した話

プログラマー転職

どうも、たっつー(@tattuu326)です。

 

2018年の11月上旬に、東京のITベンチャーにプログラマーとして内定をいただくことになりました。

その時のツイートがこちらです。

ちなみに私がどういう人なのかを、簡単にご紹介させていただきます。

・29歳

・東北のとある会社で人事を5年経験

・働きながらプログラミングの独学スタート

・4ヶ月で東京のITベンチャーに内定

こんな感じです。そして私は地方に住んで、かつ働きながら東京のIT企業に内定をもらいました。ちなみに内定をもらった時の私のステータスは以下の通りです。

・アラサー未経験

・ポートフォリオなし

・勉強会参加経験なし(=コネなし)

・プログラミングスクール通学なし

・Railsチュートリアルやったことなし

というように、IT業界に転職するために必要な要素がまったくありませんでした!(笑)そんな私がなぜ転職費用1万&4ヶ月という短い期間で転職できたのか?振り返りながらお伝えしますね。

独学1ヶ月目(2018.7月中旬〜)

まずはprogateというWebサービスでプログラミングを勉強しました。1ヶ月目は、以下のことを一通り学習していきましたね。

・HTML

・CSS

・Ruby

この時はとにかくプログラミングを勉強することが苦痛でしたね。だってこの程度の勉強をしても何かが作れるわけではないですから。

つまり勉強したことが成果として実感できなかったということです。いやー、キツかった(笑)

でもMENTAというWebサービスで見つけたメンターさんに励ましてもらったおかげで、挫折せずにプログラミングを続けられたと思います。応援してくれる人の存在ってめちゃくちゃ大切、マジで。

独学2ヶ月目(2018年8月〜)

引き続きprogateでひたすら勉強です。主にRubyとRailsを中心に勉強してました。この時期からほんのちょっとだけ、プログラミングが苦しくなくなってきました。ほんのちょっとだけですけどね(笑)

ただこの時期からprogateの勉強だけでは足りないと感じ始め、別の手段でプログラミングを勉強しようと考えていました。そのときは具体的な手段は考えつきませんでしたが…。

ですがひょんなことからプログラミングを学ぶ環境が激変しました。それは、「オンラインサロン」と「共同開発」です。

独学3ヶ月目(2018年9月〜)

私がIT業界に転職しようと思ったきっかけとなった人が、プログラミングを軸としたオンラインサロンを運営し始めました。もちろん秒で入りましたよ(笑)「人生逆転サロン」に。

人生逆転サロン

私が転職できたのも、このサロンに入ったおかげと言っても過言ではありません!!プログラミングで人生逆転したいアラサーならば、一度は入ってみてください!マジでおすすめです。

上記の画面をクリックすれば、サロンオーナーの神里(@yoshito410kam)さんのブログのリンクに飛ぶので、そこに詳細が書いてありますよ。

このサロン内の勉強会や企画に積極的に参加して、どんどんプログラミングの知識と経験を積んでいきました。

 

そしてもう一つが、「とあるWebサービスの共同開発」です。Twitterでメンバー募集をしていたので、初心者ながらビシッと手を挙げて名乗り出たらまさかのメンバー入り!そのまま共同開発に参加しました。

この共同開発で、現場で働くことを疑似的に体験することができました。サロンでオンラインの、共同開発で対面でのやり取りができたというわけです。

独学4ヶ月目(2018年10月〜内定)

オンラインサロンと共同開発で経験を積み重ねた私は、ここから転職活動をスタートしました。それは、Wantedlyという転職サイトに登録することだけでした。

そのサイトに書いた自分のプロフィールはかなり戦略的に作り込みました。ウソや誇張はせず、ただ1点だけを意識して書きました。それは、「他の転職者との差別化を図ること」です。

この点に関してはまた別の記事で深掘りしたいなと思いますので、今回は省略しますね、すみません。

サロンオーナーの神里さんの意見を参考に(というかほぼ鵜呑みに)して、他の転職者のプロフィールを読み込みながら、人事の方の目に止まりそうなプロフィールを作りました。

そして11月の上旬に、現在働いている会社の社長から連絡をいただきました。そのときはまだ東北にい他ので、オンライン面談という形で約1時間ほど話しました。

その面談だけで、内定をいただきました。予想外だったので怪しいなと思い、その場では内定承諾はしませんでした(笑)こんなすんなり内定もらえると思ってなかったので…。

ですがその2日後にその会社を訪問・面談をして改めて内定承諾をした、という経緯です。

まとめ

というわけで、プログラミングの勉強をスタートしてから内定をもらうまでの約4ヶ月をざっくりと振り返ってみました。

おそらくこのような経緯でプログラマー転職した人はほぼいないでしょう。少なくとも、私は知りません。まとめると、こんな感じです。

・アラサー未経験

・受けた企業は1社のみ

・転職コストは約1万円

就活してた頃なんて、40~50社くらい受けても内定もらえずに就職留年までしたんだけどな〜(笑)ホント人生何が起こるかわかりませんね。

ただこういった貴重な経験を自分だけのものにしておくのはもったいないなと感じて、今回このような形で記事にしました。

今後はブログに限らずLINE@やTwitter・youtubeなどを通じて、転職活動のコツやポイント、プログラマーとして働いてからの気づきや学び、私の価値観などを伝えて行きたいと思っています。ぜひご期待くださいね。

 

※私は東北地方で働きながらプログラミングを学び始め、29歳で東京のITベンチャーにプログラマーとして転職しました。その期間は4ヶ月、転職費用は1万円という超短期間&低コスト。

「どうせコネとかあったんでしょ」と思われるかもしれませんが、まったくコネなんてありませんでした。いつもTwitterでエンジニアの勉強会やオフ会のツイートを見ては、「東京いいな〜」と思ってました(笑)

「コネなし・ポートフォリオなし・プログラミングスクールなし」
そんな私でも、29歳でプログラマーになれたんです。私が転職するまでどういうことをやってきたのか?そしてこれからどうなろうとしているのか?

そういった「地方・アラサー・未経験」からプログラマーになるための戦略や価値観をLINEで配信しています。それ以外にも、LINE限定でお伝えする情報もあります。

たったの2クリックで登録はできますので、ぜひお試しくださいね。気に入らなければ即ブロックしちゃってください。よろしくお願いします。

友だち追加